更年期

女性が閉経を迎える時期を挟んだ10年間ほどの期間を、更年期と言います。日本人の平均的な閉経年齢は、50歳です。そのため、45~55歳くらいを更年期と呼ぶのが一般的です。
更年期に入った女性は、体に様々な不調を感じやすくなります。それが、日常生活に支障を与えるほど強く現れる場合、更年期障害と診断されます。
更年期障害の身体症状は、肩こり、頭痛、だるさ、ほてり、動悸などが代表的です。どれも、体の不調は感じるのに、はっきりした原因や対処法がわからないという厄介なものばかりです。
また、イライラしたり不安になったりといった心理症状が現れることもあります。場合によっては、うつのような状態に陥ることもあるのです。

尿漏れも、更年期障害の1つと考えられています。
一般的に、年齢を問わず、尿漏れに悩む女性は多いと言われています。くしゃみやせきをした弾みに、尿漏れを自覚してドキッとしたことがある人は少なくないのではないでしょうか。
更年期障害の身体症状の1つに、骨格・筋肉のゆがみや、膣・膀胱の緩みがあります。そのため、更年期になることによって尿漏れが起こりやすくなってしまうのです。

更年期障害の原因は、ホルモンバランスの変化にあります。女性が閉経すると、エストロゲンというホルモンの分泌が急激に減少します。そのため、体のあちこちのバランスが乱れてしまうのです。
更年期に感じる心身の不調は、どれも明確な対処法がないように思えることでしょう。病院に行くほどではないと思って、我慢してしまう人も多いかもしれません。
ですが、その根本的な原因は、ホルモンバランスの乱れにあります。そのため、病院で適切な治療を受けることによって、症状の改善が期待できます。
病院でホルモン補充療法を受けたり、漢方を処方してもらったりした途端、嘘のように体が快調になるという人もいます。
その他、抗うつ剤や抗不安薬などを適切に用いることによって、心理症状が治ることもあります。
更年期の症状は、悩めば悩むほど悪化して、悪循環に陥ってしまいがちです。早めに病院を受診して、相談しましょう。

OUT LINK

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし